FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タラントンのたとえ

[新約聖書 マタイによる福音書25章14~30節]

昨日は「勤労感謝の日」だった事もあり、働く事の意味について考えてみました。私の好きな聖書箇所の一つに「タラントンのたとえ」があります。ある人が旅行へ出かける時、3人の僕にそれぞれ、5タラントン、2タラントン、1タラントンを預けます。5タラントン預かった僕と2タラントンを預かった僕は、それを元に商売をし、それぞれ預かったお金を倍にして主人に返そうとするのですが、1タラントンを預かった僕だけは、それを失わないように地面に穴を掘り、そこへお金を隠しておいたのです。すると主人は、5タラントンと2タラントンの僕には持ち金を全て管理させ、1タラントンの僕からはそのお金を奪って他の2人に与えたうえで、その家から追い出してしまったのです。

このたとえ話は、聖書の中の話と思えないくらい厳しく現実的で、どこかの信用金庫の社訓とされているというのも、納得がいきます。「貧しい人に施しなさい」という教えが聖書の一般的な教えだと思いますが、それとは随分異なるように思うのです。「貧しい人」とは、3人の僕の中でいうと、1タラントン預かった僕だと思います。彼は貧しいのですから、(少し極端に言えば)他の2人から与えられるのを待っていれば良いのです。ところが、主人は持分の少ないその彼から全てを奪い、豊かで、なおかつ賢い他の2人に与えてしまったのです。そして、最後に「だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。」と呪いのような言葉を残したのです。

持っている人は、それを資本にどんどん稼ぎ、持っていない人は使って失う事を恐れるばかりで消極的になり、やがて全てを失う・・・、というのは、現実の生活の中で、誰もが感じ取る事ではないでしょうか。金銭的にはもちろん、能力のある人は上司から重んじられて次々と新しい仕事を任され、どんどん成長していくけれど、そうでない人は会社の雑用係のポジションを巡って、低レベルな争いに明け暮れると思います。結局、陽の当たる場所へ出るには、少しでも多くのものを所有するしかないんです。1タラントンしかなければ、それを資本にして出来る事から始めるしかないし、少しずつ、少しずつ、持ち物を増やしていくしかないのだと思います。丁度、トランプの「大貧民」から「貧民」に、「平民」に、次は「富豪」に、「大富豪」にと地位を上げていくように・・・。

でも、神学的な解釈では、タラントンは神様から与えられた「賜物」を表していて、1タラントンを失ってしまった人は、臆病な信仰しかできないユダヤ教の指導者を指しているのだそうです。キリスト教において最大の罪は、神様を信じない事ですから、その1点で、全ての現実世界の矛盾が、解決されているように感じます。

傷付く事を恐れて、安全な場所に身を置く事が悪い事だとは思わないし、それで満足できるなら、それも一つの生き方だと思います。実際、聖書には書かれていませんが、裕福な家庭の人ほど、自力で生き抜く力は弱く、いったん財産を失いでもすれば、一気に転落の人生となるわけですから、その意味では1タラントンの僕といっしょだと思うのですよね。。神様はどんな状況になっても、私たちをお見捨てになる事はないです。でも、私たちは与えられた賜物を、リスクを背負いつつ生かして、神様のために働く事が必要なのだと思いますし、それがこの世における幸福に繋がるのだと思います。聖書は、この世における生き方を記した読み物でもあると、この箇所を通じて、思わされます。
スポンサーサイト

ユダとペトロの裏切り

[新約聖書 ルカによる福音書22章47~62節]

この箇所は、イエス様が逮捕され、ペトロがイエス様を裏切る場面です。ユダが銀貨30枚でイエス様を売った事により、イエス様は逮捕されてしまいます。その時、大祭司の手下に打ちかかって、右耳を切り落としたとされているのが、ペトロだったそうです(「ヨハネによる福音書」による)。ところが、そのペトロがイエス様の予言通り、朝、鶏が鳴く前に3度イエス様を知らないと言って、イエス様を裏切ってしまったのです。

レジュメに「私たちは、大きな石にはあまりつまずかないが、思いがけないような仕方で、なんでもない小さな事と思えるものにつまずく」と書いてあります。大きな場面では、とくにペトロのような劇場型の人は、敬愛する相手を裏切るような事はなく、むしろ、「主よ、なぜ今ついて行けないのですか。あなたのためなら命を捨てます」とさえ言ってのけたりするのだと思います。ですが、誰の目も意識していない時、それを罪とは気付かずに、小さな裏切りをしてしまうのです。

ペトロとは対照的なのがユダです。ユダは太宰治氏の『駆込み訴え』にも書かれているように、狂おしいまでに、イエス様の信頼や愛を欲していたのではないかと思います。ですが、ユダは小説の中でイエス様を、世間知らずゆえに愛しいというように表現しています。それが真実なら、ユダは会計係であった自分の価値観でイエス様というお方を観察し、独占欲が強かったがばかりに、逆恨みし、裁いてしまったのだと思うのです。そのように、些細な事を許せずに裁いてしまうユダですから、彼自身を裁いてしまった結果、自殺してしまったのではないでしょうか・・・。

小さな躓きをしてしまったペトロを、イエス様は憐れみに満ちた目でご覧になりました。そして、その眼差しに触れたペトロは、いたたまれなくなって、外へ出て激しく泣きます。その行動は、ペトロの深い悔い改めを表していたとのことです。晩年のペトロは、祈る度に涙を流していたそうです。その涙は、心から敬愛していたイエス様を裏切ってしまった自らの罪を悔やむ涙であり、同時に、そんな弱い者であるにもかかわらず、自分の罪を赦してくださった主に対する深い感謝の涙だったと言われているそうです。

「コリントの信徒への手紙Ⅱ」7章10節に「神の御心に敵った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします」という御言葉があるそうですが、神の御心に敵った悲しみとは、ペトロの裏切りであり、世の悲しみとは、ユダの裏切りの事だそうです。自分で自分の罪を裁くことは、神様の御心ではないということです。

ユダにしろ、ペトロにしろ、イエス様を敬愛していた気持ちは疑うべくもありませんが、現代に生きている私たちは、傷付く事を恐れて、あるいは傷付ける事を当たり前と思い、ユダやペトロのように、自分以外のものとの間に、深い信頼関係を作る事が出来なくなっているように思います。信じる心ゆえに過ちを犯してしまった、ユダやペトロから、何か教えられるものがあるような気がします。
プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。