FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二本の剣

[新約聖書 ルカによる福音書22章35~38節]

聖書のこの箇所では、最後の晩餐の中でイエス様が使途たちに「財布と袋と剣」を持つように言われています。実は、この御言葉は、ルカ9章1節以下で、杖・袋・パン・金・2枚以上の下着を旅先に持っていってはならないと言われた事に関連付けられたものだったのです。9章では、信仰に、それらの物品は必要のないものであると、仰せになられたイエス様が、死を目前にして、それとは全く逆の事を仰せになられたのでした。

深く読み解こうとしなければ、この御言葉はイエス様が権力による迫害に屈し、信仰の力以外の力、すなわち物品や武力を必要なものとされた、という意味に取れると思います。ですが、イエス様が迫害に屈して、御心を変えてしまわれる方だとは、とても思えません。実際のところ、イエス様はどのような意味を込めて、この御言葉を使徒たちに言われたのでしょう?

この疑問を読み解くヒントが、たった二振りの剣があると聞いてイエス様が、「それでよい」と答えられた所にあると言います。本当に一戦を交えるつもりだったら、もっと多くの剣を集めるように言われるはずです。また、もう一つのヒントは「犯罪人の一人に数えられた」という、イザヤ書からの引用です。これは、イエス様が罪人の一人として数えられる事を意味しているそうです。ですが、それは十字架にかかる時であって、イエス様ご自身の罪によるものではなかったのです。

私はこの箇所を読んで、イエス様の人間たちに対する、深い憐れみの気持ちを感じ取りました。「悪に対し、悪で報いてはなりません」、「右の頬を打たれたら左の頬を出しなさい」と言われたイエス様が、ご自分も罪人となることで、人間たちを赦された、そんな風に思いました。

でも、聖書はキリスト教を完全なものとする使命を帯びた読み物です。イエス様をこの時点で罪人に加えてしまったら、教義が根幹から変わってしまうと思うのです。それでかどうかは、わかりませんが、正しい解釈としてはこうです。イエス様は、ご自分が捕らえられた後、弟子たちが恐怖のあまり、イエス様を見捨てて逃げると予告されているのです。そして、イエス様から離れることにより、自分の手で自分を守らなければならなくなると、そう嘆いておられるのです。不安が求めて行く最後のものが「剣」なのですから・・・。

聖書のこの箇所で、イエス様がご自分の中に罪を認めておられたかどうか、謎だと思います。人の子として肉の苦しみを知るとは、そういう事だと思うからです。ですが、イエス様には神様から与えられた壮大な使命がありました。ですから、二本の剣は弟子たちが使うためのもので、犯罪人の一人に数えられるというのは、弟子達の罪ゆえでなければならなかったのです。そして、そうする事が、「救い」を完成させるための道だったのです。二本の剣が持つ意味、かみ締めたいと思います。
スポンサーサイト

サタンのふるい

[新約聖書 ルカによる福音書22章24~34節]

「シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけることを神に願って聞き入れられた。しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい(31-32)」

最後の晩餐の席で、イエス様がペトロの裏切りを予告する場面です。イエス様が十字架にかかって死ぬと宣言されているにもかかわらず、この中で誰が一番偉いかという議論に熱くなっている弟子達や、当然自分だろうと余裕を持ってその議論を聞いていたであろうペトロを前に、イエス様はこの御言葉を述べられたのでした。そして、その後ペトロは、「今日、鶏が鳴くまでに、三度わたしを知らないと言うだろう」とイエス様が予告された通りの事を、行ってしまうのです。

31-32節の御言葉で私が面白いと思ったのは、神様がサタンの行動を許した事です。サタンは神の力が信じるに価しないことを私たちに吹き込み、私たちを神様から遠ざけようとしますが、そのサタンの誘惑を使徒達に対してかけるよう、神様ご自身が導いておられるように思うのです。ですが、神様は決して、私たちから信仰を奪い、絶望させるためにそうされたのではなく、むしろ、信仰の大切さに気付かせるために、そうなさったのです。

サタンによってふるいに掛けられ、自己嫌悪に陥っている人間に、「信仰」という救いの道を、神様は用意してくださるのです。ペトロがふるいに掛けられた時、「残らなかった信仰」と「残った信仰」とがあると牧師先生の解説にありました。「残らなかった信仰」とは、ペトロの覚悟だとか、ペトロの自信だとか、ペトロの力、そういうものに支えられている信仰で、「残った信仰」とは、イエス様の祈りに支えられて立つ信仰だとのことです。私たちがどんなに誓いを立てても、困難に遭えば、容易にそれに打ち勝つことはできません。ですが、神様はそんな弱い私たちを、憐れんでくださり、赦してくださり、さらに、その困難を乗り越える力を与えてくださいます。神様は、ときにサタンを用いてまで、私たちを試練に遭わせ、打ちのめされるお方です。ですが、どんなに哀れな状況になっても、私たちを見守り、立ち直る道を用意してくださるお方でもあるのだと思います。このお方と共に歩める幸いに感謝し、信仰のある日々を送っていきたいと思います。

愛の奉仕について

「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」(マタイ25:40)

この聖書の中の1節は、最初に私を教会へと導いてくれた聖句です。その時、PHP文庫の『マザー・テレサ 愛と祈りのことば』を読んでいて、この聖句に出会いました。本の88ページに出てきますが、少し訳が異なります。私が最初に読んだこの聖句は、「あなたがたによく言っておく。わたしの家族の中の最も小さい者の一人にしてくれたことは、わたしにしてくれたのである」でした。新共同訳でもなく、口語訳でもなく、文語訳とも思えず、なぜこの訳なのか、わかりませんが、私はどちらかというと、「兄弟」という表現より、「家族」という表現の方が好きです。なぜなら、マザー・テレサは、世界平和は家族愛から始まるというような事を、ノーベル平和賞を受けた時に言っていますし、それはマザーが多くの悲惨な現実を見て来て辿り着いた、最終的な教訓、あるいは真理だったのではないかと思ったからです。

マタイによる福音書の25章31~46節では、最後の審判と思われる場面が書き表わされています。神様がすべての国の民を集められ、羊飼いが羊と山羊(やぎ)を分けるように、人々を右と左に分けるのです。そして右側へ行った人達には祝福として永遠の命が与えられ、左側へ行った人達には罰として永遠の火の中に入ることが命じられます。

この箇所では、愛の奉仕の重要性について語られているそうです。神様から愛を受けるのではなく、私たちが隣人を愛することの重要性です。ですが、それを私たちが単独で行うことは出来ないのです。イエス様が「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。・・・(略)・・・わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである(ヨハネ15:5)」と言われたように、私たちは、キリストに繋がり、その樹液である聖霊に満たされることによって、神様の御心に叶った愛の奉仕をすることが出来るようになるのです。

神様は、隣人に対して愛の奉仕を行った者に対し、ご自分に対してしてくれたと言われています。神様のこの気持ちは、神様に似せて造られている私たちにも理解できる気持ちではないでしょうか?たとえば、友人が、路上で交通事故に遭い、傷ついた野生動物を病院に連れて行ったとしたら、たぶん私なら、その友人の優しさに心を打たれると思うのです。キリスト教の神様は、そのようなお方だと思います。そして、小さく弱い者を愛し、守ろうとする心こそ、神の子としての、私たちの特徴ではないかと思うのです。

ですが、私たちは残念ながら、原罪を持ち、サタンの声に耳を傾けてしまう存在でもあります。そんな罪深さも含め、まるごと心を神様に明け渡し、常に心が聖霊に満たされるようにしていただくことが、弱い私たちには必要なのだと思います。そして、全ての隣人に対し、愛の奉仕をすることは出来なくても、せめて、自分の最も身近にいる家族に対し、その奉仕をしていけるようでありたいと思います。

天路歴程

先日の教会での説教で、ジョン・バンヤンが書いた『天路歴程』を例に取ってのお話がありました。『天路歴程』は聖書についで、よく読まれている書物だそうですが、クリスチャン歴の浅い私は、お恥ずかしながら、その時初めて、その書物の名前を知りました。内容としては、天国へ巡礼する信仰者の物語なのですが、原文で読むと、わかりずらいそうです。それで、最初はマンガで読んでみることにし、早速、アマゾンで(十字架編を)購入して読んでみました。マンガであるうえに、厚さ5ミリ位の薄い冊子なので、あっという間に読めてしまいましたが、牧師先生が話しておられた、「約束」という名の鍵について、一切触れられていなかったので、少し残念でした。「約束」の鍵というのは、主人公が絶望王の領地内で懐疑城に閉じ込められてしまった時、その鍵で城の鍵を開けることを思い付いたとされるものです。主は私たちが絶望していても、希望となり、世の終りには必ず解放をもたらしてくださるということを信じていれば、どんな絶望をも恐れることはないと、『天路歴程』の中でも語られている、というお話でした。あと、その良い例として、東日本大震災後の助け合いが挙げられるとのことでした。震災後、人々は神にかたどって造られた人間の姿を取り戻したと牧師先生は言われます。福島第一聖書バプテスト教会の佐藤彰牧師のお話も教会でお聴きしましたが、普段の日常生活の中では見られない光景が、被災地にはあったのでしょう。持ち物をすべて失い、知恵や協調性や勇気や優しさなど、人の内なる物がすべての拠り所となった時、神様が私たちに望まれていた姿を自然と取ることが出来るのかもしれませんね・・・。

『天路歴程』は、いずれ原文で読んでみたいと思いますが、マンガも結構、面白いです。実際に原文ではどういう名前なのか、読んでみないとわかりませんが、登場人物が「助力者(ヘルプ)」だったり、「ヨワタリ・ジョウズ」だったり、「律法マモル氏」だったり、「オアイソ氏」だったり、「善意」だったりします。「絶望の人」というのも現れるので、牧師先生のお話に近い気はします。悔い改めることをしないので、檻から外へ出られないのです。

ルカの7章23節に「わたしにつまずかない人は幸いである。」とありますが、実際のイエス様は、「スキャンダル」の語源となった「スカンダロン」(「つまずく」の意味)というギリシャ語で言い表されたように、他のユダヤ教信者たちが眉をしかめるような事を、いろいろとされた方だそうです。目を塞いで通り過ぎたい事や考えたくない事を、あえて見て考える・・・。私も少しその傾向があるのですが、正直言って、疲れると思うことが、しばしばです。あまりいつも、そういう事に直面してばかりいると、本当につまずいてしまいそうなので、長い信仰生活の道のりを、ゆっくり、自分のペースで歩んでいけたら、と思います。
プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。