FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブラムの躓き

[旧約聖書 創世記12章10~20節]

神様からの召命を受け、信仰の旅へ出掛けたアブラム(後のアブラハム)でしたが、ネゲブ地方を訪れた時、飢饉に見舞われたため、一行は、当時、農業国・先進国として豊かであったエジプトを目指して移動しました。しかし、アブラムには一つ、心配事がありました。妻のサライ(後のサラ)が大変美しかったことです。見知らぬ国を旅する、一介の旅人に過ぎなかったアブラムにとって、自分に周囲の羨望の目を集めてしまうサライの存在は、決して有難いものではなく、むしろ、障害となってしまうものでした。そこで、アブラムは考えます。サライを自分の妹だと偽ることにより、危険な状況を幸いに変えてしまおうとしたのです。つまり、エジプト内の有力な男性に自分の妻を売ることにより、エジプト内での安定した生活を得ようと考えたのです。しかし、この事はサライにとって、「身売り」を強要されることであり、生きていくためにアブラムの犠牲となることを意味していました。しかし、サライはアブラムの要望を受け入れ、アブラムの妹になりすましますが、それによって、有力な男性どころか、エジプトのファラオから妻として召し入れられることになります。

しかし、これをご覧になって神様はお怒りになり、宮廷内に病気を流行らせるという、介入をなさりました。当時、占いをする「賢人」と呼ばれる人達がいましたが、彼らはその原因がサライであり、サライがアブラムの妻であることをファラオに告げます。それによりファラオは、即刻、アブラムたちをエジプトから追い出してしまいます。本来ならば、アブラムは首を刎ねられても仕方ないようなことをしていたのですが、この時のファラオは、アブラムを疫病神のように畏れていたのだといいます。つまり、アブラムを殺すことにより、更なる危害が加えられることを恐れ、アブラムたちを生かしたまま、追放したのです。

この箇所では、イスラエル民族の父、信仰の父であるアブラムでさえ、罪を犯してしまったことが書かれているといいます。しかも、神様の召命を受けて間もなくのことです。しかし、アブラムの罪は、生き残るために犯した、やむを得ない罪であり、誰もが直面する「躓き」であるとのことです。実生活において、あらゆる危険が私たちを襲い、私たちはそれらを自らの力で乗り越えなければなりません。そのためには財産(生活の安定)が必要であり、財産を守るために、時として、人としてあるべからざる事をしなければならなくなります。そういう状況において私たちは、「人生の蹉跌」を経験するといいます。「人生の蹉跌」を知ることは、人が成長するために、必要なことなのかもしれません。しかし、その「人生の蹉跌」こそ、信心深い人間から信仰心を奪い、その信仰を薄くしてしまうというのです。

新約聖書の「マタイによる福音書」14章24節以下に、湖の上をイエス様が歩かれた話が書かれていますが、イエス様のように歩き切ることの出来なかったペトロに対しイエス様は、「信仰の薄い者よ」と呼びかけられます。ペトロは、イエス様の言葉を疑ったために、沈みかけたのです。現実の困難に直面した時、私たちはペトロと同じように、御言葉を疑い、場合によっては御言葉を退けてしまうと思います。そして、御言葉を疑った時、実生活の心配をし、思い煩いにばかり心が支配されている、信仰の薄くなった自分を見出すのです。湖の上を歩くことは、「キリストを見ている時、現実さえ、踏破することができる」という事を意味しているといいます。そして聖書は、小さな闘いの連続である日常において、幸福を求めて疲れ果てている私たちに、「キリストを人生の中心として歩むこと」を勧めているのです。

聖書に書かれている事をすべて実践することは、まず不可能だと思います。完全に御言葉を実践しようと思えば、大きな困難や迫害にも遭うでしょう。でも、完全に実践できない自分を知る時、自分の中の、気づいていなかった罪について、知ることが出来るのです。私たちの歩みは、ペトロのように、信仰の力を借りて湖の上を渡ろうとしては沈みかけて、の連続なのではないかと思います。しかし、神様は何もかもをご存知で、私たちの全てを受け入れ、愛してくださる方です。その事に感謝し、現実という湖の上を一歩一歩、歩んでいきたいと思います。

※日本キリスト教団、梅が丘教会、広田牧師の説教を参考に書きました。
スポンサーサイト

アブラハムの旅

[旧約聖書 創世記12章1~9節]

この箇所では、アブラハムが神様から召命を受け、カナンの土地へ移動を始めます。ここから、アブラハム、イサク、ヤコブ、ヨセフの4代に渡る、「族長物語」が始まったのです。アブラハムは神様から祝福を約束され、長旅へと促されますが、その旅とは決して安全なものではなく、他国をまたいで行く、危険な旅だったといいます。また、神様は行き先さえ知らせず、ただ「わたしが示す地に行きなさい」とおっしゃっただけなのです。しかし、アブラハムは妻のサラ、甥のロト、召使いたちを連れて旅立ちました。これは、アブラハムが神様の言葉に従い、「人生の未知なる旅」へ出掛けたことを示しているとのことです。この事は、「ヘブライ人への手紙」11章8節にこう書かれています。

「信仰によって、アブラハムは、自分が財産として受け継ぐことになる土地に出て行くように召し出されると、これに服従し、行き先も知らずに出発したのです。」

神様の招きによって旅立った者たちのことが、新約聖書にも書かれています。「マルコによる福音書」1章16~20節です。ここでは、漁師シモンとその兄弟アンデレが仕事も家族も家もすべて捨てて、イエス様に従い、イエス様の弟子として信仰の旅へ出掛けます。ですが、彼らの旅は、アブラハムの導かれた旅とは少し異なるといいます。

創世記11章の31~32節に、アブラハムの父親テラがウルを出発してカナン地方を目指して出発しますが、途中ハランの地に留まり、そこで亡くなったことが書かれています。テラは高齢のため、志半ばでこの世を去ったのです。アブラハムがカナンの地を目指したのは、父親の志を継いでのことでした。神様が示された地がカナンであるという確証はありませんでしたが、アブラハムは父親の意思を受け継ぐことが、自分に与えられた使命で、神様の御心であると確信したのです。

アブラハムのこのような信仰は、私たちクリスチャンの信仰そのものだとのことです。私たち一般的なクリスチャンは、シモンやアンデレとは異なります。それぞれに仕事や家族や家を持ち、それらを抱え持ったまま、信仰生活を歩んでいくのです。その中では、いろいろと生きるための課題が与えられます。私たちは、それらを自分で解決し、次に進む方向を選び取って、未知なる未来に向かって旅をする旅人なのです。抱え持っているものを全て捨て、イエス様の弟子として、ただイエス様の行かれる所へ付いて行くのとは大分異なりますが、神様から召命を受け、主の弟子として成長するための旅をするという意味では、同じ信仰といえるのではないかと思います。

私たちクリスチャンは、信仰を持たない人々と同様、未来にはっきりとした目的や確証があるわけではなく、その日その日を懸命に手探りで生きていると思います。ですが、心の中にいつもイエス様が居てくださり、共に歩んでくださっていて、問いかければ、一歩先の進むべき道を指し示してくださるのです。その恵みに感謝し、神様のご計画が祝福への導きであることを信じて、日々、歩んでいきたいと思います。

※日本キリスト教団、梅が丘教会、広田牧師による説教を参考に書きました。

バベルの塔

[旧約聖書 創世記11章1~9節]

有名な「バベルの塔」のお話です。最初、人は同じ言葉を用いて話していましたが、建築技術が発達することにより、天まで届く塔を建てることを思いつくのです。しかし、この試みは神様が人の言葉をバラバラにしてしまわれることで、途中で頓挫してしまったのでした。4節で人間たちは「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合い、石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いますが、このことは、「科学の進歩」を表しているそうです。人間は自らの力で科学を進歩させることにより、自分たちの力で神の領域に達し、神を追い越そうとしたのです。

2節にあるように、バベルの塔を建てた人々は、東の方から移動して来た人々で、神様の意思により、全地へ散らされて来たのでした。「全地へ散らされる(4節)」というのは、「神の祝福」を表しているそうです。彼らはシンアルの地に平野を見つけて住み着くのですが、これ以降、他の土地へ移り住む必要のないように、バベルの塔を建てることを思いついたのでもありました。この事は、「神の祝福はいらない」、「神の指図は受けない」という人々の思いの表れでした。

「言葉」は人同士のコミュニケーション・ツールとして重要なものです。「同じ言葉を話すこと」は「心を通じ合わせること」とも直結しており、同じ言葉を話せれば、それだけ団結しやすい状態になるのです。しかし、神様はあえて、この「言葉」を乱すことにより、人同士の団結を阻まれました。そして、今私たちの生きている世の中のように、指示を出す役人と技術を持つ職人が互いに自己主張し、なかなか共同作業が行えなくなる現実が現れるようになったのです。お互いの「罪」である「エゴ」がぶつかり合い、お互いを尊重して理解することの出来ない現実が、人と人とを仲たがいさせ、すれ違いによる別れや孤独といったものを生むようになったのです。

言葉の乱れについて語られている箇所が、新約聖書にもあるといいます。使徒言行録の2章4節以下です。イエス様の復活から40日めに使徒たちの上に聖霊が降りますが(聖霊降臨)、その時、エルサレムに住んでいた人たちが、めいめいの故郷の言葉で話し出したのです。この事は「バベルの塔」の出来事と似ているように思うのですが、この現象を起こした神様の御心は全く反対だというのです。この時神様は、お互いの言葉の違いを乗り越え、キリストの下、心を一つにするようにと望まれていたのです。

旧約聖書は「業(律法)の契約」(※1)、新約聖書は「恵みの契約」(※2)であると教会で教わりましたが、神様の人に対する対応の仕方も、大分違うものになっていることがわかります。神様はバベルの塔を建てた人々には、あえて仲たがいをさせました。それは、人が団結して神様を超えようとするのを阻止するためでした。人間に小さな罪を持たせることにより、神の領域を侵すという大きな罪を防がれたのです。ですが、神様が本当に望んでおられるのは、今のように仲たがいした状態ではなく、言葉の違いがあってもなくても理解し、愛し合える、そんな世の中なのです。

人は高いところを目指して凌ぎを削る生き物ですが、キリストは低いところを目指しておられる方だといいます。上を目指して他者を追い落とす、それが人の営みの常かもしれません。ですが、バベルの塔の下に小さな十字架が建っていて、そんな私たちを見守っていることを覚え、その奥深い恵みに感謝したいと思います。

※梅が丘教会、広田牧師の説教を参考に書きました。
※1、2・・・・アメリカ合衆国・長老教会「ウェストミンスター信仰告白」の信条文の中で定義されています。

救いの兜

[新約聖書 エフェソの信徒への手紙6章、2章8~9節]
[新約聖書 マタイによる福音書4章]

「また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい」(エフェソ6:17)

エフェソの信徒への手紙6章では、神の武具を身に着けて悪魔と戦うように、と勧めています。悪魔との戦いにおいて、正義である神を味方に付け、御言葉を用いることにより、勝利できるというのです。その中で、「兜」については、ある意味が込められているといいます。兜は頭にかぶる物ですが、頭は体の中で最も重要な部分であり、「権威」をあらわす器官なのだそうです。ユダヤ人は、帽子をかぶる時、「神の権威の下に生きている」という意味でかぶるそうなのです。「兜をかぶること」は、自分の権威を捨て、神の権威、その恵みの下に生きているということを意味しているのです。また、6章17節の御言葉には「救いの兜」とありますが、私そのものが、「救い」という神の恵みにスッポリと覆われることを意味します。神様の一方的な無条件の愛である「救い」によって、私たちは、キリストの十字架と復活の故に、罪赦され、神の子として永遠の命を与えられると伝えているのです。

実際に、悪魔との戦いがどのようなものであるかが、マタイによる福音書4章に書かれています。イエス様が洗礼を受け、聖霊に満たされた後、荒野で悪魔の誘惑を受けられる場面です。この場面で、御言葉の剣をどう用いればよいのか、具体的に示されています。

「これらの石がパンになるように命じたらどうだ」と誘惑するサタンに対しイエス様は、「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と答えられます。パンは物質的な豊かさを象徴し、命じる行為は、奢り高ぶりを象徴しているそうです。イエス様はそれらを否定し、神様の御言葉に信頼し、神に仕えていく事こそが大事だとおっしゃったのです。

サタンは「神の子なら(神殿の屋根から)飛び降りたらどうだ」と誘惑しますが、これに対しては「『あなたの神である主を試してはならない』とも書いてある」と答えられます。これは、キリストを信じたら、すべてがうまくいく、という幻想を私たちに与え、そうはいかない現実において、決定的な挫折を経験させようとするサタンに対して言われた御言葉です。

さらにサタンは「もし、ひれ伏してわたしを拝むならば、これをみんな与えよう」と誘惑しますが、イエス様は「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある」と答えられます。このサタンの誘惑は、この世と妥協して、この世での支配権を手に入れようとすることでした。

いずれのサタンの誘惑も、誰もが日常において経験することではないかと思いますし、2番目の、キリストを信じることの危うさ、というようなものは、クリスチャンまたは求道者なら、とくに悩むことではないかと思います。教えを信じたいけれども、世間の常識とのギャップなどがあって、信じられないというような心のせめぎ合いです。実際、これらのサタンの誘惑を全て退けて生きている人というのは、本当に少ないのではないでしょうか。実際にはサタンの誘惑に負けて御言葉を顧みず、ただ、親や世間から伝授された生き方に従って生きている人が多いように思えてなりません。

それでは、いったい何のために神様に繋がるのか・・・。エフェソの信徒への手紙2章8~9節に次のようにあります。

「事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。」

この聖句ははっきりと、神様の救いは、善い行いをすれば救われる、というようなものではないことを示していると思います。そうかといって、悪い行いをして罪を増やしなさいとも、聖書は語っていません。ただ、私たち人間が、悪魔の誘惑に打ち勝てないことを、神様はご存知なのだと思います。放蕩息子が親から貰ったお金を手に、おそらくは親に反発して家を出て行き、そのお金を使い果たして愚かしい姿で帰って来た時、父親は息子を温かく迎え入れました。(ルカ15:11~32)自立するというのは、ある意味で親から離れ、親を捨てることだとも思うのですが、実際には、独り立ち出来ていなかったから帰って来たのです。私は、神様というのは、その放蕩息子の父親のような存在なのではないかと思うのです。自分を捨てて悪魔に誘われるがままに出て行った息子をまた、快く迎え入れる・・・。親子間であっても難しい、無条件の愛です。そこにキリスト教の神様による、「救い」という「希望」があるのだと思います。
プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。