FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預言者エリシャの死

[旧約聖書 列王記下13章14~21節]

エリシャの危篤の知らせを聞きつけて、イスラエルの王様ヨアシュがやって来る場面です。ヨアシュは死の床に臥しているエリシャのそばに近寄り、「わが父よ、わが父よ、イスラエルの戦車よ、その騎兵よ」と泣き叫びます。「イスラエルの戦車」や「騎兵」というのは、エリシャの事を指しています。それほど、エリシャには、王を支えるだけの力があったのです。その彼が、死の病によって、ヨアシュから取り去られようとしていたのでした。

そのヨアシュに対しエリシャは、矢を持ってきて、目の前で射るように命じます。王は三度地面を射ましたが、その王に向かいエリシャは「五度、六度と射るべきであった」と言って嘆きます。それは、王がその後、三度しか敵のアラムを打ち破る事が出来ない事を意味していたからです。

エリシャは、彼に依存していたヨアシュを自立させたいと願っていました。エリシャは、大切な信仰のバトンをイスラエルの指導者ヨアシュに託そうとしたのです。ですが、エリシャが臨終の床で伝えようとした信仰の姿勢を、ヨアシュは自分のものとする事ができませんでした。つまり、「勝利の矢」を受け継ぐことが出来なかったのです。

教会での交わりにおいて感じる事があります。それは、「頼る側」と「頼られる側」に分かれる傾向がある、という事です。ある一人の姉妹は「頼る側」のよい例だったと思います。お互いの悩みを聞いたりして励まし合うのではなく、一方的に、自分が頼ろうとし、頼れる相手を見つけては、その人に依存するのです。頼られた側は、悪い気はしないでしょう。でも、たぶん、頼られる存在で居続けなければならない、というプレッシャーを感じ、場合によっては「負担」と感じてしまうのではないかと思います。

神様に全てを委ねて生きるのが、キリスト教の信仰だと教わります。ですが、他の力に依存して生きる事には限界がある事に気付かされると思います。大人になるという事は、親や先生や、大きな存在への依存から抜け出る事なのではないかと、個人的には思って来ました。ですが、そのような姿勢が、他の力に頼って生きる、という生き方が出来ないようにしてしまいます。むしろ、他の力を当てにせず、自分の力だけを信じるようになってしまうからです。

ですが、最近になって、神様の御心とは、何の努力もせず、神様や隣人を頼る事ではないと思うようになりました。神様はヨアシュに、エリシャへの依存から抜け出る事を望まれていたのです。エリシャを通して神様と繋がるのではなく、ヨアシュ自らが神様と繋がり、福音のバトンである「勝利の矢」を受け継ぐ事を望まれたのです。

神様は聖霊様を通し、私達に働きかけ、イエス様に似た者へとなれるようにしてくださいます。イエス様を信じる事は、イエス様に依存する事ではないと思います。イエス様は万能でありながら、包容力があって、お優しい方だったでしょう。ですが、誰かをイエス様と重ねて、その人に頼り切る事が神様の御心ではないのだと思います。自分自身で神様に繋がり、神様からいただいた賜物を用いて、主に仕える生き方をしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。