FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「十字架につけろ」の意味すること

[新約聖書 ルカによる福音書23章13~25節]

イエス様がローマ総督ピラトの元へ送られ、死刑の判決をお受けになる場面です。この際、ピラトはなんとかイエス様を死刑からまぬがれさせようと、鞭打ち刑の後に釈放する事を民衆に提案するのですが、民衆がこれを受け入れず、イエス様を「十字架につけろ」と叫び狂ったのです。ピラトはまた、祭りの恩赦として囚人バラバとイエス様のどちらを釈放するか民衆に問いますが、民衆が選んだのはバラバの釈放とイエス様の死刑でした。

なぜ、人々がそれほどまでにイエス様の処刑を求めたのか、については二つの理由があると言われています。一つは、人々が望んでいたのは政治的な革命(ローマの支配からユダヤ人を解放する)であり、神の革命ではなかった事です。もう一つは祭司長らを含め、人々がイエス様を妬んだからなのだそうです。後者の理由については、遠藤周作氏が『死海のほとり』という小説の中で明らかにしようと試みているとのことです。その中に、十字架刑を執行するローマの百人隊長が刑を執行しつつ、「もし、この人が十字架の上から、このような不合理な刑罰を与えた人間たちに、愛の言葉ではなく、憎しみと怒りの言葉を吐いてくれたなら、自分の心も楽になるのに・・・」と考える場面があるそうですが、その思いこそが、イエス様への人々の妬みの感情だというのです。百人隊長といえば、ルカ23章47節でイエス様の事を「本当に、この人は正しい人だった」と言った人です。イエス様の偉大さをそのように素直に受け入れられた百人隊長ですら、人々と同じ妬みの気持ちを持っていたと、遠藤氏は言いたかったのでしょう。

先日の日記、「アガペの愛」でも書きましたが、イエス様が教えられたのは、相手の罪をも赦し、全てを包み込む、無条件の愛なのだと思います。それは、「愛」と呼ばれるものの中で最も得がたく、価値のあるものなのではないでしょうか。だからこそ、妬みの対象ともなり、その愛を受ける人だけではなく、与える人にまで、その妬みは及ぶという事なのではないでしょうか。以下、レジュメの記述の引用です。

「(あなたも愛してご覧、同じように生きてご覧、という声に対し)その通りにできない自分の弱さを正当化することができなくなる」

「愛されたくて、愛したくて、愛ばかりを考えているくせに、実際に人を愛するだけで生きている人間が存在していては、本当は困ってしまうのである」

「底知れぬ人間の罪を底知れぬ愛が包み込もうとしている。人々を見て飼う者のいない羊のように思われたこの方の憐れみの心を、憎しみへと変えさせることは誰にもできなかった。底知れぬ罪に底知れぬ愛が勝利した。私たちの罪に神の愛は打ち勝つ。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。