FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブラムの躓き

[旧約聖書 創世記12章10~20節]

神様からの召命を受け、信仰の旅へ出掛けたアブラム(後のアブラハム)でしたが、ネゲブ地方を訪れた時、飢饉に見舞われたため、一行は、当時、農業国・先進国として豊かであったエジプトを目指して移動しました。しかし、アブラムには一つ、心配事がありました。妻のサライ(後のサラ)が大変美しかったことです。見知らぬ国を旅する、一介の旅人に過ぎなかったアブラムにとって、自分に周囲の羨望の目を集めてしまうサライの存在は、決して有難いものではなく、むしろ、障害となってしまうものでした。そこで、アブラムは考えます。サライを自分の妹だと偽ることにより、危険な状況を幸いに変えてしまおうとしたのです。つまり、エジプト内の有力な男性に自分の妻を売ることにより、エジプト内での安定した生活を得ようと考えたのです。しかし、この事はサライにとって、「身売り」を強要されることであり、生きていくためにアブラムの犠牲となることを意味していました。しかし、サライはアブラムの要望を受け入れ、アブラムの妹になりすましますが、それによって、有力な男性どころか、エジプトのファラオから妻として召し入れられることになります。

しかし、これをご覧になって神様はお怒りになり、宮廷内に病気を流行らせるという、介入をなさりました。当時、占いをする「賢人」と呼ばれる人達がいましたが、彼らはその原因がサライであり、サライがアブラムの妻であることをファラオに告げます。それによりファラオは、即刻、アブラムたちをエジプトから追い出してしまいます。本来ならば、アブラムは首を刎ねられても仕方ないようなことをしていたのですが、この時のファラオは、アブラムを疫病神のように畏れていたのだといいます。つまり、アブラムを殺すことにより、更なる危害が加えられることを恐れ、アブラムたちを生かしたまま、追放したのです。

この箇所では、イスラエル民族の父、信仰の父であるアブラムでさえ、罪を犯してしまったことが書かれているといいます。しかも、神様の召命を受けて間もなくのことです。しかし、アブラムの罪は、生き残るために犯した、やむを得ない罪であり、誰もが直面する「躓き」であるとのことです。実生活において、あらゆる危険が私たちを襲い、私たちはそれらを自らの力で乗り越えなければなりません。そのためには財産(生活の安定)が必要であり、財産を守るために、時として、人としてあるべからざる事をしなければならなくなります。そういう状況において私たちは、「人生の蹉跌」を経験するといいます。「人生の蹉跌」を知ることは、人が成長するために、必要なことなのかもしれません。しかし、その「人生の蹉跌」こそ、信心深い人間から信仰心を奪い、その信仰を薄くしてしまうというのです。

新約聖書の「マタイによる福音書」14章24節以下に、湖の上をイエス様が歩かれた話が書かれていますが、イエス様のように歩き切ることの出来なかったペトロに対しイエス様は、「信仰の薄い者よ」と呼びかけられます。ペトロは、イエス様の言葉を疑ったために、沈みかけたのです。現実の困難に直面した時、私たちはペトロと同じように、御言葉を疑い、場合によっては御言葉を退けてしまうと思います。そして、御言葉を疑った時、実生活の心配をし、思い煩いにばかり心が支配されている、信仰の薄くなった自分を見出すのです。湖の上を歩くことは、「キリストを見ている時、現実さえ、踏破することができる」という事を意味しているといいます。そして聖書は、小さな闘いの連続である日常において、幸福を求めて疲れ果てている私たちに、「キリストを人生の中心として歩むこと」を勧めているのです。

聖書に書かれている事をすべて実践することは、まず不可能だと思います。完全に御言葉を実践しようと思えば、大きな困難や迫害にも遭うでしょう。でも、完全に実践できない自分を知る時、自分の中の、気づいていなかった罪について、知ることが出来るのです。私たちの歩みは、ペトロのように、信仰の力を借りて湖の上を渡ろうとしては沈みかけて、の連続なのではないかと思います。しかし、神様は何もかもをご存知で、私たちの全てを受け入れ、愛してくださる方です。その事に感謝し、現実という湖の上を一歩一歩、歩んでいきたいと思います。

※日本キリスト教団、梅が丘教会、広田牧師の説教を参考に書きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。