FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と神様との違い

ルカによる福音書 18章1~8節より]
「やもめと裁判官のたとえ」の所です。イエス様は気を落さず祈る事の大切さを教えるため、このたとえ話をされました。あるやもめが裁判官の所へ行き、切々と助けを求めますが、最初のうち裁判官は取り合いませんでした。ですが、あまりに、そのやもめが何度もうるさく助けを求めるもので、しかたなく話を聞いたのです。人とはこの裁判官のようであり、聞くに価しないと思えば、なおざりにもするし、聞いてあげた方がうるさくなくて良いと思えば、仕方なく聞いたりもするのです。しかし、神様は違うとイエス様はおっしゃいます。「まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行なわずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。」という御言葉の示すとおり、神様とは私達のどんな小さな祈りにでも耳を傾けてくださるお方なのです。本当に些細な個々人の問題から、全世界の問題まで、すべて隈なく知っておられ、全ての祈りを聞いてくださる神様。気分にムラがあり、利害関係や駆け引きに翻弄される人間に対するようにではなく、私達はただひたすら思ったままの事を神様に祈る事が大切だと、この箇所は教えてくれているのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。