FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトザタの池

[新約聖書 ヨハネによる福音書5章1節~9節]
エルサレムに「ベトザタ」と呼ばれる池があり、この池は「ブクブクッと水面が動くのは天使の仕業である」、「水面が動いた時、最初に池に飛び込んだ人の病気は見事に癒される」という噂となっており、多くの病人や体の不自由な人が「癒し」を求めてそこにやって来るのでした。そこに38年(長い間)病気で苦しんでいる人が居て、その人に対しイエス様が、「良くなりたいか」と聞かれます。すると彼は「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて行くのです。」と答えます。彼のこの言葉には深い絶望の気持ちが込められていました。ベトザタの池の周りにいた病人達は、お互いの不自由さを補い合いながら暮らしていました。ところが、水面が動いた途端、そこは一種の「競争社会」へと変貌してしまうのです。そこに見られるのは「病人」対「病人」の醜い争いです。皆、我先にと、池に飛び込んで癒されようとするのです。誰かが池の中へ入れてくれるのを期待していた彼は、人間不信と絶望の気持ちにさいなまれ、この言葉をイエス様に投げかけたのでした。どこへ行っても競争、競争・・・。最も弱い者こそ癒しの対象とされるべきなのに、実際には最も強い者が癒しの象徴であるベトザタの池に飛び込める、それが人間社会で、現実の姿なのだと思います。イエス様がこの男性にした「良くなりたいか。」という問い掛けには、実は深い意味があるとの事です。イエス様のこの言葉は「どこかで神様を求めている私達人間の心の奥底に隠されている根本的な願いに気づかせる、大切な問い掛け」だったのです。この男性に対しイエス様は、「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい。」と言われます。これは「あなた自身が自分の人生と向き合いなさい。」という意味だそうです。現実から逃避しようとしたり、責任転嫁をしたり、そういう事をせずに、自分で変わろうとしなさい、という事を、イエス様は言われたかったのです。ですが、レジュメには「わたし(イエス様)に変えてもらおうと決断しなさい」という意味だとも書かれています。自分で変わろうとするのと、イエス様に変えてもらおうとするのは、同じ事でしょうか?イエス様が変えてくれると期待した瞬間から、イエス様はベトザタの池になってしまいはしないでしょうか?その答えとして、こう書かれてありました、「『ベトザタの池』のような不確かなものに期待することを止めて、主イエスに期待し、聖書の言葉を信じ、その約束に心をとめて、一歩前に歩み出しましょう。」と。私はまだ、ベトザタの池を探しているのかもしれません。ベトザタの池を諦める事は、夢を諦める事のように感じられるからです。神様を求める事と、神様以外の癒しに対する希望を捨てる事が隣合わせとは・・・。少し寂しい気持ちにさせられる、でも、とても納得させられる聖書の箇所だと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。