FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の業

[ヨハネによる福音書9章1~12]
イエス様一行が道を通っていると、ある盲人に出くわします。彼は生まれつきの盲人でしたが、弟子達はイエス様に「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。」と尋ねます。それに対してイエス様は「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。」とお答えになったのです。そして、イエス様はその盲人の目が見えるようにしてあげられたのでした。

生まれつき目が見えないというのは本当に不幸な事ですが、多かれ少なかれ、人は何かしらのコンプレックスやハンディーを負っているものだと思います。皆、自分のコンプレックスやハンディーにのみ関心を持ちがちですが、一見幸福そうに見える人にでさえ、その人にしかわからないような悩みというのは、必ずあると思います。私は過去に、お互いのコンプレックスについて充分理解できなかった事により、お互いをひどく傷つけてしまった経験があります。それは、お互いに欠けているものを補う形で成り立った人間関係の負の側面だったと思います。だから、こういう問題に触れる時は、とてもナーバスになってしまいます。

イエス様の言われるように、人間のコンプレックスやハンディーというのは、誰に責任があるというようなものではなくて、きっと神様が私達にお与えになった試練なのでしょう。そして、それを乗り越えるために、多くの事を学び、強くなっていくのですよね。。また、そういう経験を経なかった人というのは、人生のどこかにおいて、痛い思いをしたりもすると思うのです。それこそが、そういう人のハンディーなのかもしれませんね・・・。

願わくば、その盲人のように、乗り越えた先に、何かしらのご褒美があったらいいのに、と思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。