FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリストの福音にふさわしく生きる

[フィリピ信徒への手紙 1章27~30節]
この手紙は、パウロがフィリピの人々から送られた贈り物に感謝し、エパフロデトを送り出すために書いたとされており、「喜びの書簡」と言われています。この手紙の中には「喜び」や「喜ぶ」という言葉が多く用いられており、内容そのものにも、喜びが満ち溢れているからです。パウロは苦しみの中でも喜びに満たされていることを記した後、「ひたすらキリストの福音にふさわしい生活を送りなさい」(1:27)と勧めています。ギリシャ語では、「都市国家」を意味する言葉が用いられていて、この御言葉により、神の国の市民として生活し、その責任と義務を果たす生き方をしなさい、と伝えているのです。キリスト教の布教にあっては、律法主義やローマ帝国の弾圧、軍国主義、偶像崇拝などとの戦いがありました。神を神としてあがめず、この世のものを崇拝するこれらの反対勢力と、パウロは勇敢に戦いました。しかし、どんなに迫害を加えられてもパウロは、「あなたがたには、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです」(1:29)と述べています。そして私達にも、そのような、苦難と隣り合わせの、しかし喜びに満ちた信仰を勧めているのです。

「戦い」と一言に言っても、生きるための戦いや、プライドを守るための戦い、虚栄心を満たすための戦い、そしてパウロのような信じるもの、愛するもの、本当に美しいものを守るための戦い、のように様々だと思います。しかし、戦うこと自体を喜べるのは、パウロのような戦いだけかもしれませんね・・・。イスラム社会の自爆テロなど、死んで行く本人達は、もしかすると、喜びの中にあるのかもしれません。また、軍国主義のように、そういう気持ちを利用するようなものもあると思います。ですが、守るべきもの、美しいもののために戦う事は、ひょっとすると、人間が持つ、ハイレベルな願望なのかもしれないと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。