FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエス様の「宮清め」

[新約聖書 ルカによる福音書19章45~48節]
エルサレムに来られたイエス様が、神殿内で「供え物」を売り買いしている様子を見られて、人が変わられたように激怒された場面です。当時、どういう罪にはどういう供え物が必要であるか、細かく決められていたと言います。人々は家から持参する供え物がなかなか検査をパスする事ができなかったため、神殿の外庭で売っている、すでに検査を通った供え物をお金で買って、礼拝に持って行ったのでした。その時のイエス様の言葉は、「わたしの家は、祈りの家でなければならない」でした。この場面はイエス様の「宮清め」と呼ばれているそうです。

この時、神殿の中で行われていた「供え物」の売買は、決して違法だったり、神を冒涜するようなものではなかったそうです。それでは、なぜ、イエス様はそれ程までに怒られたのか?その現場の細かいやり取りを見ていないので、想像するしかないと思いますが、イエス様はそのやり取りの中に、「自分の持ち物や自分の能力と引き換えにして、神様からの恵みを得ようとする心」、つまり、「取引する心」を見てとられたのだとレジュメにはあります。習慣的な祈りや形式的な信仰生活によって、本来あるべき心を見失い、神様の赦しをお金で買おうとしている信者達の姿を、イエス様は見て取られたのです。

お金を払ってご利益を買う行為、今でも習慣的に行われている事ですし、それに驚くほど多額のお金をつぎ込む人も居ますよね・・・。イエス様が、神殿が「強盗の巣」になっていると言われたのは、もしかしたら、神殿内で霊感商法のような事がなされているのを見られたからかもしれないと、個人的には思ったりします。。

「献金」とは、「自らが神様に聖別されたもの、神様のものであることを告白する行為、献身の表明として捧げるもの」だそうです。教会への感謝の気持ちで献金するのは、それと違うのかな・・・?私はいつも、そういう気持ちで献金しているのですが・・・。

詩編の94編に「耳を植えた方に聞こえないとでもいうのか。目を造った方に見えないとでもいうのか。」とありますが、どんなに人間達が、形式上正しい事を行っていても、神様は私たちの本心を見通されていて、神様の御前に隠せるものなどない、という意味だそうです。本当に微妙な差で「強盗の巣」になってしまう私達の心、神聖に保つのは難しい事なのかもしれませんね。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。