FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁師シモン

[新約聖書 ルカによる福音書5章1~11節]
イエス様がシモン(ペトロ)の前で、その偉大な力をお示しになった場面です。その頃、イエス様は人々から尊敬され、人々はその御言葉に従うようになっていました。イエス様がゲネサレト湖畔に来られた時、魚が採れず、舟から上がって網を洗っていた漁師達に、岸から漕ぎ出すように言われます。漁師の中に混ざっていたシモンは、夜通し苦労しても採れなかった事をイエス様に告げますが、イエス様は頑として舟を出すように言われます。しぶしぶ舟を出したシモン達でしたが、二艘の舟は魚でいっぱいになります。それを目にしてシモンは、イエス様の足元にひれ伏し、自分は罪深い者だから、自分から離れて欲しいとイエス様にお願いするのです。しかし、イエス様はシモンに、人間をとる漁師になるよう勧められ、シモンはすべてを捨てて、イエス様に従ったのでした。

伝道師の先生が強調されていたのは、シモンが最後に、すべて(採った魚)を捨てて、イエス様に従ったという所だったと思います。人にとっての幸福は、富や地位を築く事ではなく、平安に生きる事だ、というような意味だったと思います。そういう思いに至ったからこそ、シモンはせっかく採った魚を捨てる事ができたのです。

ですが、それなら何故、二艘の舟をいっぱいにするまで、漁をする必要があったのでしょう?やはり、人に持っているものを捨てるように命じる事が出来る人は、富や地位を築く力をも持ち合わせている、という事でしょうか?私達が俗に言う「説得力」というものが、リーダーには必要なのでしょうね。

ですが、私が個人的に心に留めたのは、シモンがイエス様に対し、自分から離れて欲しいと言った所でした。私は過去に、心と裏腹、自分なんか放っておいて欲しい、と思った事があります。シモンのイエス様に対して持った気持ちは、自己嫌悪している時に人の優しさに触れた時、持つ気持ちに近いのではないかと思います。

心の底から、すべてを捨てて従いたい、と思わせてくださるのがイエス様というお方なのだと思います。そして人は、そんな方に対して、自分が付き従うなど恐れ多い、と思うものなのかもしれませんね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。