FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリスト教と仏教との比較 PARTⅡ

認めたい真理、認めたくない真理ってあると思うけれど、認めたくない真理を受け止めることで、自分が向うべき道筋が見えて来ると思います。今、私は教会が主催している「般若心経の空とキリストにある空」というセミナーに出席していますが(全4回)、キリスト教と仏教の違いは、「神」という存在があるかないか、なんですよね・・・。聖書の中で、イエス・キリストは「私は有る」と言われています。「私は有る」と言えるのは、神様だと言っているのと同じ事です。では、私達人間は「有る」ではないのか?そうなんですよね・・・。私達は神様によって生かされてはいるけれど、行き着くところは、「諸行無常」や「諸法無我」や「空」の境地なんです。要するに、信仰を深めれば深めるほど、この世に変わらず存在し、信じるべきものは、何もないという所に辿り着くのです。その事に気付くのが、仏道の「悟り」であり、キリスト教の信仰の結果でもあるのです。そして、それを穏やかな心で受け止められた時、はじめて本当の意味での「平安」が、訪れるのではないでしょうか?しかも、キリスト教の場合、変わらずに存在する、絶対的なお方が側にいてくださるのです。

だから、信仰は無駄な事ではないのです。イエス様が見本として示されたように、真実から目をそらさず、十字架を背負って生きていこうではありませんか?本物の平安を得た時、そこに、信仰者としての勝利があると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。