FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリアとエリシャ

[新約聖書 列王記下4章38~44節]

エリアとエリシャは列王記に登場して来る、二人の預言者です。エリアはバアル信仰によって北イスラエルの民を惑わせるイゼベルと対決し、勝利を治めた偉大な英雄で、エリシャは神様の召命を受けて、エリアから預言者の座を譲り受けた、「愛の共同体」のリーダーです。一言で表現すると、エリアはワンマンタイプ、エリシャはチームリーダー的だったと言います。

列王記のこの箇所ではエリシャについて書かれていますが、「裁く心」がなく、「他の人との分かち合い」をする人として描かれています。エリシャは「自分ひとりが勝つのではなく、皆がいい思いをするように分かち合っていく時、そこに大きな満足が起こる」という事実を、実際に起してみせた人だったのです。エリシャは自分自身に深い満足を経験していたと言います。彼は、本当に知っていただきたいお方(神様)に自分を知っていただいていましたから、他の人の前で自分の力を証明する必要がなかったのです。ですから、いつも穏やかで、人々に対して寛容で、優しかったのだと思います。

エリアタイプの良さ、エリシャタイプの良さ、それぞれにあると思いますが、安心して仕事が出来るのは、エリシャタイプのリーダーの元かもしれませんね。エリアのように闘争的なリーダーは、有能な人にとっては刺激的でいいかもしれませんが、自信のない人にとっては、ただ畏れをいだく存在になると思います。実際は、両方の要素が交じり合っている事が多いと思いますし、それが理想の状態のように思います。少し前、部活動の体罰が問題になりましたが、生徒の性格も一人ひとり違うだろうし、厳しさがないと最大限に力が発揮出来ないだろうから、難しいですよね。そこに生徒への「愛」があるかどうかで、大きく違って来るのではないでしょうか?

以下はレジュメからの引用です。
「なぜ、私たちは人に優しく出来ないのでしょうか。それは、優しい心になっていないからです。逆に自分が優しさを求めているからです。なぜ、人を褒める事ができないのでしょうか。それは、私こそ褒めて欲しいと願っているからです。そうした全ての思いを、主の御前に差し出す時に、主はかならず恵みをくださいます。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2009

Author:ペンシル2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。